紅 ~醜悪祭~ のネット評判

この作品は一寸期待していただけに、残念でした。

ネットを見ていると、この本は凄い反響だったようです。
どの人も良い評価付けてないですね。

アニメ化で売り時に間に合わせたかった出版社の編集が原稿が完成してないのに強硬して出したという、出版社の商業主義批判と、作者養護論が高いようです。
 こういう話を聞くと、集英社はジャンプを出しているところですし、ある意味小説でも漫画と同じような書かせ方してるのかなぁと感じてしまいます。
 それでもです、作品は作者のものなのだから、作者は責任を持って完成させるべきだと思うんですけどね。
約束したんだから間に合わないは理由ではないと、もし間に合わないなら、延期にして完結させるべきだったと思います。
なんにせよ、作者が潰れてしまわなければ良いんですけどね~。

この話の続編は、ファンブックで、後日談だけ書かれて完結していました。
少ないページ数でしたので、ちょっと立ち読みしたのですが、淡々とネタばらしをして折り合いをつけたような内容で、この作品はこれで御終いになってしまうようです。
読者としても残念ですし、作者としては何とも悔いの残る終わり方だろうなぁと思います。というか悔い残らないようなら、本気で作品書いているのか疑問になるところですね。

作者の回復と、次回を気長に期待しましょう。( ̄▽ ̄;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック